おからこんにゃくが生まれた理由

おからとは豆腐を作る際に出る絞りカスのようなもので、おからそのものに味はあまりなく、食感もパサパサしています。しかし、食物繊維が豊富で健康にも良いヘルシー食品で、豆腐屋さんでも安く手に入れることができます。しかし、おからは安くてヘルシーとはいっても、食べづらいことからあまり大量に食べられることはありません。現状、おからはほとんどが廃棄されているのです。

そこで、おからをもっと手軽に美味しく食べることができるように、と考え出されたのがおからこんにゃくなのです。

おからこんにゃくは、青森県の料理研究家である岡田哲子さんが生み出し、同じく青森のこんにゃく製造販売メーカーの手によって商品化されました。

この記事へのトラックバック

廃棄食材がブーム 肉そっくりな食材「おからこんにゃく」
Excerpt: 同じくWBSで廃棄食材である「おから」を使った食材「おからこんにゃく」が紹介されていました。特にテレビで紹介されていた「おからこんにゃく 津軽雪花」なんてのは爆裂に売れていて現在3ヶ月待ち状態なんだと..
Weblog: YUU MEDIA TOWN@Blog
Tracked: 2006-10-17 16:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。