わき腹ダイエット法、簡単ストレッチ

わき腹ダイエット法で簡単に出来るストレッチをご紹介します。

まず、足を肩幅に開いて右手は頭の後ろにして、左手は腰に当てます。この状態で鼻から大きく息を吸い、ゆっくり口から息を吐きながら、右腕の肘をゆっくり持ち上げ腹斜筋を伸ばします。そして、鼻から息を吸いながら、肘を下げてもとの状態へ戻します。これらを1セット左右三回ずつ行ないます。

次にわき腹ダイエットに効果的なダイエット運動をご紹介します。

まず、足を肩幅に開いて立ち、ヒジを90度に曲げて腕を上げます。そして、身体をひねりながら左ヒザを上げ、右ヒジにつけるようにします。もう片方も同様に逆にひねりながら右ヒザを上げて左ヒジにつけるようにします。この動作を1日に50回程度行いましょう。

全てのわき腹ダイエット運動の動きを、ゆっくりと呼吸を深くしながら行うことで、腹斜筋に適度な刺激を与えることが出来てわき腹ダイエット効果が期待できます。このわき腹ダイエット法の簡単ストレッチ運動を毎日継続して行うことで、徐々にわき腹の無駄な脂肪は燃焼されていきます。

わき腹の脂肪はつきやすく落としにくい脂肪なので、ダイエットの天敵ですが、わき腹ストレッチを継続して続けていれば、わき腹の脂肪は少しずつ減少していき、ダイエット効果が確認できるようになります。

わき腹ダイエットは根気が要りますが、あきらめずにわき腹の無駄な脂肪を燃焼させ続けていきましょう。

わき腹ダイエット法について

わき腹ダイエット法として有効なのは、まず始めにわき腹の脂肪を増やさないことです。

わき腹ダイエットでわき腹の脂肪を増やさないためには、腹斜筋に負荷を与えて筋肉量を減らさないことが重要です。わき腹ダイエットで腹斜筋に負荷を与えるには、正しい姿勢と腹式呼吸がポイントです。

わき腹ダイエットに効果的な腹斜筋は肋骨とつながっていて横隔膜の動きと連動しています。つまり、わき腹ダイエットでは腹式呼吸で横隔膜を大きく動かすことで、腹斜筋も大きく動き、結果的に腹斜筋が鍛えられます。また、普段から姿勢を良くしておく事で、腹斜筋に適度な負荷がかかり、筋肉が衰えにくくなります。

他には、普段歩いている時に、意識して身体をひねるように心がけましょう。わき腹ダイエットでは、継続的に身体をひねる運動を繰り返すことで周辺の筋肉を鍛え、結果的に脂肪を減少させることにつながります。

これは、わき腹ダイエットを意識しなくても、日常的に行える簡単なダイエット法ですので、ぜひやってみると良いですね。

わき腹ダイエットに限らず、適度な運動をどれだけ日常生活の中に取り入れられるかで、数ヶ月先のダイエット効果は違ってきます。普段からダイエットを意識しないで、また、あまり負担がないカタチで、ダイエットに最適な適度な運動を取り入れたいですね。

わき腹ダイエットの必要性

わき腹ダイエットの前に、わき腹とは肋骨と骨盤の間に位置し、骨に守られていない非常に弱い部分のことです。わき腹は内臓・神経・リンパが集中している大切な部分ということもありますので、元々脂肪はつきやすい箇所であると共に、わき腹には適度な脂肪が必要不可欠なのです。過度のわき腹ダイエットで必要以上に脂肪を減らしてしまうのはあまり良くありません。

わき腹には、内臓を守るために肋骨から骨盤にかけて伸びている腹斜筋という筋肉があり、この腹斜筋は腰をひねったり、上体を前後左右に傾斜させる重要な役割があります。そしてこの腹斜筋が弱くなると、脂肪が筋肉の代わりに内臓を守るためにわき腹についていきます。こうして筋肉量に比べて脂肪が明らかに増えてきた場合は、わき腹ダイエットの必要性が出てきます。

この腹斜筋が衰える原因の1つに姿勢の悪さが挙げられます。普段から猫背でいつも下を向いているような姿勢でいると、腹斜筋の動きが鈍くなりわき腹を引っ張りあげる力が徐々に弱っていき、筋肉を衰えさせていくのです。

わき腹に脂肪がつく原因には他に、老廃したリンパ液や細胞から排出される余分な老廃液が脂肪細胞の中にたまり、脂肪が膨らんだように見えて、わき腹に脂肪が増えたように見えてしまうのです。

わき腹の筋肉に比べて脂肪が増えすぎると、わき腹ダイエットが必要になりますが、このわき腹の脂肪、ダイエットやウォーキングなどの有酸素運動や腹筋運動などで筋肉を鍛えても、一度ついてしまったこのわき腹の脂肪はなかなか減らすことが出来ません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。